ふく太郎 │芸能まとめ速報

・・・・・芸能・ニュース・まとめブログ・・・・・

    ふっくちゃんのニュース速報は 話題ニュースについてに関する情報を 2ch,ニコニコニュースの声をまとめています。



    NO.5474042 2017/04/15 01:06
    性欲処理にデリヘル嬢を呼びたい人のために
    性欲処理にデリヘル嬢を呼びたい人のために
    ■自宅に気軽に呼ばない
    デリヘルの最大のメリットは自宅に居ながら風俗を楽しめるところにあるでしょう。

    これでホテル代を浮かせられると言うのも何度も利用すれば大きな節約にもなります。

    1人暮らしだったりするとこれはチャンスとばかりに自宅に呼びまくる傾向にあります。

    さすがに家族持ちであれば自宅は警戒もするでしょうが、それでも自宅を使うのなら証拠隠滅には全力を挙げましょう。

    いずれにしてもホテルと自宅とには環境に大きな違いもあります。

    そこをクリアしてホテルの環境に近づければ問題ありませんが、実際にはそうではない場合も多いものです。

    ■自宅の内外をチェックする
    ・ご近所に声が聞こえないか
    プレイ中は自分では気付きにくいですが案外、女の子の声は良く響くものです。
    女の子が喘ぎ声を出してくれて喜んでいるのは自分だけで隣近所の住人には怪しまれるだけです。
    密集地でないか、防音状態はどうか、不安があれば女の子には声のトーンを下げてもらうようにしてもらうべきでしょう。
    それもいざとなれば大きな声は止められないと平気で絶叫するデリヘル嬢だっているのです。

    ・部屋の中を綺麗にしているか
    まず最悪なのはタバコ臭です。もし愛煙家であれば直前に消臭スプレーをまいてなければ女の子には地獄となります。
    普段は目に付かなくてもベッド周りの髪の毛なども掃除をしてみればいつも散らかっているものです。
    こういうところはよく気にされますので重点的に掃除をしておきましょう。
    それから水回りの汚れなどは不潔感が漂います。
    シャワールームの排水口に髪の毛が絡まっていたりなどは絶対NGです。
    タオルも新品の物を用意するくらいが丁度良いのです。
    トイレもこの際、掃除のチャンスと垢を落としておきましょう。
    便などがこびりついていたりしたら逃げ出されても仕方ありません。

    ■自分自身を清潔にしているか
    清潔な身体にして応対する事、これはデリヘル嬢を呼ぶ場合だけでなくソープランドでもファッションヘルスでも同じ事ではあります。

    しかしながら特にデリヘルの場合は、お迎えする立場になっているのを忘れてはなりません。

    わざわざご足労していただいておいて、不潔な男性だったらさすがにやる気も損ねてしまいやすいのです。

    「通りがかりの飛び込みの客でもあるまいし、呼びつけてるならしっかり綺麗にしといてよ」と内心、機嫌を損ねてしまうのです。

    例えば以下のようなところを見られます。

    ・鼻毛
    鼻毛が出ていると職場では笑えますが女の子には笑われません。
    いくら仕事だろうが、こんなダサい男性といちゃいちゃしようなんてもってのほかなのです。

    ・髭
    髭は到着前にもう一度シェーバーで軽く剃っておくくらいの余裕も欲しいです。
    大事な肌にチクチク刺さって痛いし傷める心配もされてしまいます。

    ・臭い
    そして極めつけは臭いです。見かけは小ざっぱりしていても臭ければ最初から「早く帰りたい」としか思わないでしょう。
    特に口臭は自分では気付きにくいものですから、歯みがき、さらにスプレーなどまでして消臭は完璧にしておきましょう。

    【日時】2017年04月15日
    【提供】YAZIUP

    【【朗報】性欲処理にデリヘル嬢を呼びたい人のために‼‼‼‼】の続きを読む


    低年収を受け入れる20代、家もブランド品も関心がない無欲な消費感覚



    野中さんの部屋。寝袋とは別に唯一買ったのはティッシュのみ
    日刊SPA!

    働き盛りの30~40代。賃金カーブも右肩上がりの時期に伸び悩み、年収300万円に甘んじてしまう“稼げない病”に罹る人が増えているという。マジメに働いているにもかかわらず、なぜ低年収に陥ってしまう人たち。SPA!ではこれまで、そんな年収300万円しか稼げないアラフォーの苦悩を見てきたが、現在20代の、いわゆる「さとり世代」の若者たちは低年収時代を受け入れ、ストレスなく生きているようだ。

    ◆“稼げない”を受け入れる「さとり世代」の消費感覚

    ●Case1 野中大悟さん(仮名・25歳)

     IT企業に勤める野中大悟さんは年収340万円。会社から徒歩15分の場所に家賃5万8000円のアパートを借り、最近までそこで寝袋生活を送っていたと話す。

    「満員電車だけは嫌だったので、会社から徒歩圏内で一番安いアパートを借りました。新生活を始める際、ニトリに家具を揃えに行ったのですが、値段を見ているうちにバカらしくなりました。待っていれば、そのうち誰かがくれるだろうし、そこにお金を使うなら、何かおいしいものを食べたほうがいいという結論に至りました」

     結局、近所のドン・キホーテで買った2000円の寝袋一つで新生活をスタート。冬は寝袋の下に段ボールを敷き詰め、寒さを凌いだ。その間、友人や会社の先輩に声をかけ続け、約2年でTV、冷蔵庫、ベッド、洗濯機、テーブルを譲り受けたという。

    「お酒が好きなんで、週に2回友達と飲めれば満足です」

    ●Case2 松澤麻美さん(仮名・27歳)

     一方、旅行会社勤務の松澤麻美さんは年収320万円。野中さん同様、こだわりのない家は家賃5万3000円のシェアハウスだ。

    「住む場所は会社から近く、家具が備え付けられていることがポイントですね。服はユニクロか通販でしか買いません。店員に話しかけられたりするのが邪魔くさい。初めてハマった小説はケータイ小説『恋空』で、高校時代から携帯で安く服を買っています。稼げるなら稼ぎたいけど、このままの年収でも生活に問題はありません」

     ブランドものの服などには関心がなく、「最低限のスペック」を保っていればそれでいいという。

     “稼げない”なりの無欲な消費感覚なのかもしれないが、消費社会研究家の三浦展氏はこう分析する。

    「現在の40代は、家電や車は一家に一台が当たり前で『子供部屋にもテレビを置こう』『より高価なブランドものに置き換えよう』と物を増やすことに欲望を覚えた世代。一方、現在の20代は子供の頃から山一證券の倒産やリーマン・ショック、阪神・淡路大震災と東日本大震災の2つの大震災を経験してきた。人との競争や物を持つことに価値を感じず、人間同士のコミュニケーションなどから自己肯定感を得る新世代。そのため人よりいいものを持ちたいという自己拡張感を得た世代に比べ、低収入ともうまく付き合えるのです」

     “稼げない”なりの消費感覚を身につけられない40代の苦悩は深い。

    【三浦 展氏】
    消費社会研究家。最新刊『あなたにいちばん似合う街』では1500人を対象に調査。年収が低い、または親と同居する30代男性の住みたい街No.1は秋葉原だったとか

    ― [死ぬまで年収300万円]の病巣 ―



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【低年収を受け入れる20代、家もブランド品も関心がない無欲な消費感覚‼‼‼‼】の続きを読む


    「残業200時間でも“殺すぞ”って言われても、ウチはいい会社」CM制作会社勤務(29歳女性)の場合



    キャリコネ

    【シリーズ残業100超】電通の過労自殺事件を受けて、広告業界の長時間労働がより問題視されている。当の電通は事件後、22時以降は消灯するなど改善に取り組んでいるが、業界全体の働き方は変わったのだろうか。

    今回、都内の広告制作会社に勤める浅井沙也加さん(29歳・仮名)に話を聞いた。取材を快諾してくれたが、インタビュー開始3時間前に浅井さんから連絡が来た。

    「今日の取材、交通費払うのでこっちまで来てください」

    交通費は丁重にお断りしたが、約束は土曜日の19時。普通に電車が動いている時間だし、指定された場所は新橋駅前。むしろこちらが交通費を支払う立場なのだが……。取材を通して、この感覚のズレは浅井さんの度を過ぎたワーカホリックぶりから来ているのだと分かった。

    電通過労死事件後にタイムカード導入、それでも残業227時間

    「資料作りで休日出勤してたんですけど、まだ終わってなくて……」

    ほっそりした体にボーダーのニットといういで立ちの浅井さん。片方に流した栗色の髪は美しいが、濃く引かれたアイライン以上に、目の下のクマが目立つ。

    浅井さんは、大手広告代理店ともやりとりする制作会社でCMの企画・制作に携わっている。疲れた顔で「21時頃には会社に戻らなければ」という。昨日は、ほぼ不眠で撮影に参加し、終了後に深夜3時頃まで打ち上げに参加していた。この日は昼からずっと会社で資料作り。この2か月、土日に休んだ覚えはないそうだ。

    「今まではタイムカード自体がありませんでした。電通の件で、去年冬から導入されたけど、導入されただけ。それ以降でも残業を227時間やったこともあります。でも1年目はもっとひどかったから、最高どのくらい働いていたか分からないですね」

    パワハラには「最初は辛いとも思いましたが、実際、慣れますよ」

    アハハと笑う浅井さん。少し心配になってくる。なぜそんなに残業が多いのかと聞いても、「ヤバい」「眠れない」「ツライ」しか出てこず、会話にならない。よくよく話を聞くと、残業が多くなるのには2パターンあるようだ。

    まず、プレゼンや撮影に必要な資料探し。代理店やクライアントが見て、一目で仕上がりがイメージできるレベルまで作り込むため、準備に膨大な時間が必要となる。会社で寝泊まりして、何日も家に帰らないことはザラのようだ。深夜から代理店との打合せが始まることもあるが、「頭を動かす作業はまだマシ」。一番つらいのは「撮影が続く」ことだという。入社1年目、10日間ほぼ眠ることなく準備をした後で、丸2日間撮影を行ったこともあるという。

    「その時は、人気アイドルを起用したCM撮影に関わってて、最初は『あのアイドルと仕事!?』って嬉しかった。でも体力的に死ぬほどツラかった。究極の睡眠不足すぎて、撮影中だろうがいつだろうが寝落ち、というか死ぬかと思いましたね」

    浅井さんは当時を振り返って、笑いながら話す。楽しそうに語ってはいるが、空元気という印象だ。どうして長時間勤務・休日出勤が続くのだろうか。

    「撮影直前まで内容に変更が出るからかな? 一昨日の徹夜も、朝から撮影なのに監督が深夜2時に『この小道具が欲しい』って言いだして、探し出すしかなくて」

    と上司からの無理難題を挙げてから、一層テンション高く「あとは、私が仕事できないから」と言い放つ。

    「例えば、映像編集が得意な同期なら『キューティーから1フレずつjpeg化して400枚商品カットをマスク抜いといて』って言われてパッとできる。今なら言ってることが分かるけど、入社当初は『キューティー』が分からないし『マスク』の抜き方も分からない。先輩たちも忙しいから手取り足取りで教えてくれなくて、調べるのに時間がかかって……」

    2時間でできると言われた作業でも、浅井さんは1日かかってしまうこともある。それに対して先輩は、浅井さんがサボっていると思い、「お前それちゃんとやっとけよ!」と言い残して帰ってしまうこともあるそうだ。パワハラが横行する職場にも関わらず、浅井さんは「最初は辛いとも思いましたが、実際、慣れますよ」とケロリとしている。

    「朝4時まで撮影して、次の撮影が6時からだとしても『あと2時間仮眠取れる!』って思っちゃう。先輩たちは叩き上げられて仕事を覚えてきた人たちだから、後輩を「育てる」ということが分からないみたいです。『見て盗め』って感じで、分からないこと聞いたら『考える能力ないな』『殺すぞ』って言われても『だから?』みたいな……けどうちの会社って、いい会社なんですよ」

    こちらをまっすぐ見て言う姿は、どうしても嘘を言っているようには思えなかった。確かに、映像業界は激務・薄給・契約社員が当然の世界だ。しかし浅井さんは新卒なのに正社員雇用で、給料も悪くないらしい。

    「他の会社に比べたら全然マシ。仕事ができるようになれば、好きな企画を提案して制作までできる。私はそんなレベルまで行ってないけど……」

    「利益を出していないのに『200時間働いたから残業代よこせ』はおかしい」

    過酷な長時間労働に耐えられるのは、浅井さんがかつて「女優志望」だったころも影響していそうだ。

    高校を卒業してから数年間、演劇と週6バイトという生活をしていたという。しかし、どれだけ素晴らしい演技をしても、見てくれる人は少ない。お金も入ってこない。むしろ芝居を打つたびにお金が出ていく。「当時は『夢をお金で買う』という状況でしたが、それが今ではCMを作ってお金をもらっているから幸せです」と話す。

    「そうやって考えると、私はまだそんなに働いてないですよ。私の仕事はいかに予算を使わず、良質なCMを作るか。利益を出して会社に貢献しなきゃ働いたって言わない。好きな仕事をさせてもらって、しかもまだ利益を出せていないのに、『200時間残業したから残業代くれ!』っておかしくないですか?」

    これはクリエイティブ職でよく言われる「やりがい搾取」なのではないだろうか。そう伝えても、彼女はピンと来ないようだった。

    「奨学金の返済もあるので、就職のときに『1年目でも年収400万円以上』を条件にしていました。そこはクリアしているので満足しています。映像の仕事に就くことは夢だったし、好きなことしてそれだけお金をもらえるのであれば、激務も休日出勤も当然です。私ができないだけだから」

    それなりに収入があって、やりがいがあるのであれば、残業時間は200時間をゆうに超えてもかまわない。これが浅井さんの持論のようだ。

    「体はボロボロ。健康診断にも引っかかった」

    しかし、そんな彼女は「採用してくれた恩に報いようと、早く一人前になって貢献したいんだけど」と前置きした上で、

    「こんな会社さっさと辞めて幸せになってやる! だから仕事中も常に恋愛スイッチ・オン。でも中々いい人がいないんですよね……」

    と話す。これまでの発言とは矛盾しているようにも感じるが、「辞めたら幸せになれる」とも呟く。

    「仕事は好きだけど出世しようとかは……。私、仕事できないし。早く結婚して辞めて、幸せになりたい」

    この後、浅井さんは「ウチはいい会社」「早く辞めて幸せになりたい」という相反する言葉を自分に言い聞かせるように何度も繰り返した。さらにひたすら「仕事できない」と自分を卑下する発言を重ねる。このブレや自己肯定力の低さに、彼女の精神状態の危うさを感じてしまう。

    インタビュー中もスタッフからの電話があり、度々メールを返していた。取材をしているのは土曜日の夜。この日時にも関わらず、彼女の会社は稼働している。

    21時半、浅井さんは「もうこんな時間!? 会社に戻らなきゃ」と携帯を掴もうとして、アイスコーヒーのグラスを倒してしまった。テーブルを拭きながら、ぽつりと溢す。

    「先輩たちは、こういうところが嫌なんだろうな」

    残業100時間を軽々と超える世界。彼女はもちろん、周りの人間も疲弊しきっている。些細なミスで八つ当たりされることもあるのだろう。

    「あれ、お会計いいんですか? 私払いますよ」

    こちらが取材を申し込んでいるのにも関わらず財布を取りだす。いつも打ち合わせ代を払っているから職業病なのだろうか。

    結局、この日も彼女は朝まで仕事をし続け、そのまま代理店の打ち合わせに行ったという。彼女は自らの生活について「体はボロボロ。健康診断にも引っかかった」と語る。

    「でも、舞台をやっていて貧乏だったときは健康診断すら受けられなかった。だから勤め先と保険証があるのは嬉しいです。でも貧乏に耐性があるから『こんな会社、いつだって辞めていいんだから』と思ってる。それが支えですよ」



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「残業200時間でも“殺すぞ”って言われても、ウチはいい会社」CM制作会社勤務(29歳女性)の場合‥‥‥】の続きを読む


    ベッキーが就活中の学生に「過去は変えられない」と… 



    映画『ライオン』の試写会イベントに登場したベッキー
    NEWSポストセブン

     4月7日に公開された映画『LION/ライオン~25年目のただいま~』の試写会イベントが行われ、同作の「宣伝隊長」に就任したベッキーと大西ライオンが出席した。

     同作は、オーストラリアに住む青年・サルーが、実はインドの家族と生き別れた過去を持つことを知り、おぼろげな記憶とグーグルアースを活用し、母と兄を探しに行くという実話をベースとしたストーリーだ。

     イベントには、進路に悩む就活生やこれから就職活動に臨む大学生たちが参加。ベッキーは「私が20歳のころは、既に大学に行きながらお仕事をしていて、ハードでした。でも自分の好きなことだからと毎日楽しんでいました。今では真似できないパワーがありましたね」と振り返り、悩める参加者による質問タイムがスタート。

    「落ち込んだらどうするか?」という質問に、ベッキーは「過去は変えられない、ならばもう前を見て歩くしかない。頑張りなさいと自分に言い聞かせる」と述べた。そして、大西ライオンは決めゼリフの「心配ないさー!」を叫び、学生を鼓舞した。

    撮影■浅野剛



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ベッキーが就活中の学生に「過去は変えられない」と…‥】の続きを読む

    このページのトップヘ