極楽とんぼ・加藤「宮迫さんみたいになりたくない」 



関連画像キャプション
EntamePlex

8月10日、AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで『極楽とんぼ KAKERU TV』が放送された。

同番組は、極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱が、11年ぶりのコンビ活動復活後初となるテレビレギュラー番組。



毎週“KAKERU(かける)”をキーワードに、様々な企画を展開し、古き良きバラエティを届ける1時間番組。

この日の放送は、「芸人のクイズ力にかける!極楽エロクイズ」と題し、極楽とんぼの2人から出題されるクイズに、ゲストとして出演したタレントの筧美和子、モデルの“くみっきー”こと舟山久美子、“東大クイズ王”の河村拓哉の3人が解答していった。

オープニングトークにて、加藤は早速「くみっきーさんにちょっとお聞きしたいんですけど、最近エロには触れてますか?」と質問すると、舟山は「エロにはちょっとご無沙汰かもしれないですね」と恥ずかしそうな様子。

それに対し加藤が「色んなエロがあるんです。

妄想もありますし、雑誌を見るでもいいですし…実際のことじゃなくてもいいんですよ」とフォローすると舟山は「今日エロに触れ合おうと思っています」と答えていた。

次に加藤は「筧さんはどうですか? エロについてどういうお考えをお持ちですか?」と問い掛けると、筧は「不足してますね。エロ不足」と珍回答が飛び出し、山本は「エロ不足!? 今日はエロ満タンにしなくちゃいけないですね!」とツッコんでいた。

筧は、6月22日に放送された同番組の企画「芸人のクイズ力にかける!極楽どっきりクソクイズ」で優勝しており、「今日もチャンピオンを狙っていきたいと思います」と意気込みをみせた。

また、今回のクイズ王枠として出演した東京大学クイズ研究会所属の河村は東大クイズ研究会内で優勝している“東大最強の刺客”とのこと。


しかし、加藤は「何しに来たんだよ、お前! バカヤロー! エロ関係ないだろお前は!」といきなり態度を豹変させ、河村は「まぁ、エロであってもクイズであれば何とかなるであろうという考えのもと来ています」と答え、スタジオには笑いが起こった。

1問目のお題は「AV or NOT」。

スタジオに登場した2人の女性がセクシー女優か素人かを当てるクイズに挑戦した。

『好きな男性のタイプは?』という質問に対して1番の女性は「体型や年齢など関係なく、みんな好きです」、2番の女性は「笑顔が可愛い人」と回答し、『自分の好きな体の部位は?』という質問では1番の女性は「お尻」、2番の女性は「目」と答えるなど2人の回答に差が。

舟山と筧は1番の女性がセクシー女優、河村は2番の女性がセクシー女優と解答するが、なんと正解は「2人ともセクシー女優」ということで全員不正解!

筧が「1番か2番、どっちかじゃないんですか?」と訴えるが、加藤は「どっちかって言いました? 言ってないですよね?」と詰め寄る場面も。

そして河村がその正解に対し「極楽さん、ありがとうございます。

AV女優2人も呼んでいただいて」と言うとスタジオは笑いに包まれ、加藤は「お前が今日一番楽しんでるじゃないかよ!」とツッコミを入れていた。

2問目の『パンチラ or NOT』では、セクシー女優の方々は出されたお題に沿った動きをしてもらい、解答者は布の質感や動きを考慮した上でパンチラをするのかしないのか、を解答した。

スタジオに登場したセクシー女優のNAOMIは『体の関係を持ちたい芸能人は?』の質問に「加藤さんです。毎朝見てるんですよ、テレビで。

だから1回アリかなって…」と回答すると、加藤は「私ねぇ、宮迫さんみたいになりたくないんですよ」と爆弾発言!

進行役であるお笑いトリオ・パンサーの向井慧は「ダメです! オフホワイトですから、あれは!」とフォローし、加藤は「そうですね、オフホワイト! 何もないです」と前言撤回。

加藤の一図さが垣間見えた瞬間だった。

セクシー女優の2人は、「道に落ちている100円玉を拾う」、「自転車に乗っているとき」、「柵を乗り越える」というお題にそれぞれチャレンジし、解答者がパンチラするのかどうか当てていくが、最終集計をした結果3人引き分けという“クソ結果”になった。

なお、次回放送となる8月17日(木)夜9時からは「加藤タイムスリップパーティー」と題して、生放送前から加藤にお酒を飲んでもらい、若い頃にタイムスリップした状態で20代の若者と語り合ってもらう企画を放送予定。加藤は「放送の33時間前に入って飲みたいと思います!」と意気込んでいた。

©AbemaTV

(出典 news.nicovideo.jp)