水卜麻美アナ「スッキリ!!」異動で「ヒルナンデス!」が非常事態 


アサジョ
アサジョ

 9月いっぱいで「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)を、卒業することになった水ト麻美アナ。

2010年の入社以来、2011年3月から6年半にわたって番組を担当して来ただけに、「寂しい気持ちでいっぱい」と、思いを語った。


「立ち上げから引っ張って来た功労者。

番組では、9月は“水トちゃん、ありがとう月間”と銘打って、様々なロケ企画を放送することになりました」(番組関係者)

 一時は、フリー転身説も飛び交ったものの、卒業が発表されたその日のうちに「スッキリ!!」のMCに異動することを公表。

水トアナは、2013年から去年まで、オリコン「好きな女性アナウンサーランキング」で4年連続1位を獲得した人気アナ。

「スッキリ!!」への異動には、深い理由があるという。

「朝の枠は今、視聴率争いが熾烈。去年の秋までは民放4局の中では日テレ『スッキリ!!』とフジテレビ『とくダネ!』が視聴率のトップ争いを繰り広げていましたが、去年の終わりにテレ朝『羽鳥慎一モーニングショー』がトップに躍り出て以来、好調を持続しています。
 

こうした流れを受けて、“昼の顔”だった水トアナを“朝の顔”へシフトすることになったのでしょう」(スポーツ紙デスク)

 文字通り日テレのエースとなった水トアナに、低迷する「スッキリ!!」の立て直しを託したと言うわけか。

「『スッキリ!!』は、グルメや流行の他に、海外アーティストの生出演も多く、エンターテイメントに力を入れ20代30代の女性から支持されています。

そういった意味では『ヒルナンデス!』で培ってきた能力が、活かされるのではないでしょうか」(放送作家)

 一方で、水トアナを失った「ヒルナンデス!」のほうが心配という声もある。

「昨年、番組開始当初のメンバーを卒業させ、それが裏目に出て視聴率が上がりませんでした。トップの座を『ひるおび!』から奪えないどころか、フジテレビ『バイキング』の追い上げも厳しい。水トアナが抜けた穴は、想像以上に大きいのでは」(前出・番組関係者)

 果たして水トアナの「スッキリ!!」への異動は吉と出るか?



(出典 news.nicovideo.jp)