東京理科大工学部の現役女子大生でグラビアが大反響の菅井美沙 「大学ではひとり淋しく、合コンに呼ばれたこともない」ってホント!? 



東京理科大工学部の現役女子大生でグラビアが大反響の菅井美沙 「大学ではひとり淋しく、合コンに呼ばれたこともない」ってホント!?
週プレNEWS

現役女子大生で男だらけの工学部に通う“リケジョ”のグラドルとして話題の菅井美沙ちゃんが、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD「ちゅらみさ」の発売記念イベントを行なった。


2枚目となる今回のDVDは、5月に宮古島で撮影。

気候がすごくよくて、じめじめしていないので楽しかったです」と嬉しそうに語った。

気になる内容だが、彼氏とはまだ高校生同士で「私と同じ大学に行きたいっていう、だから勉強頑張ってね!」といったやりとりのある、初々しい恋模様を描いた作品で、4年ぶりに美沙ちゃんはセーラー服を着たそうだ。

(今は)ちょっと大人になっているので、むっちり感というか、高校生独特の顔がパンパンな感じはないじゃないですか…」と、照れつつ当時と今を比較し、記者陣から笑いをとった。


お気に入りのシーンは、岩場でのピンクの水着をまとったもので「私の体型に合わせて、スタイリストさんが手作りしてくれて、それがスゴく嬉しかったので印象に残っています」とのこと。

また、下が緑で上がシマシマのビキニを着たシーンではバスケットボールをしたそうだが、ボールが全然入らなかったようで、結局、映像上で「うまくできてる風にやってもらっています


そんな美沙ちゃんの普段、プライベートでの素顔は、よく喋るコという印象と違い、友達がひとりもいないというビックリな学生生活なのだとか。大学ではひと言も喋らずに家に真っ直ぐ帰ってくるという、意外な告白だが…。


彼女の通う東京理科大学・工学部は「ほとんど女のコがいなくて、入学した時に女子が奇数だったので、結局(クラス分けで)ひとりになっちゃいました。

(周りは)見た目は普通の男のコなんですけど、声をかけてくるようなタイプのコがいなくて、みんな、学内でも勉強の話をしていたりとか、真面目な方が多いですね
」と寂しそうに話した。


そのためか、人生で1回も合コンにも行ったことはなく、「呼ばれたことすらないです。確かに楽しそうだとは思うんですけど、私がまずお酒が飲めないので。それに根暗なので、楽しめないタイプなんですよね…」と、淡々と語った。

そんな彼女の好きなタイプは、頭がよくて、激昂しない人らしい。「自分が怒らないタイプで、怒られたりするとすごいビックリしちゃうんですよ! だから怒らない人がいいです」とアピール。

そんな草食男子はたくさんいそうなんですけどね。 


そんな大学生活もいよいよあと半年余り、無事卒業できそうとのことだが、進路については芸能界一本で行きたいという。

大学に入ってからの2年間、勉強があまり楽しいとは思えなくて。


やっと、やりたいなってことを見つけたので、それを頑張ってみようかなっていう気持ちになっています。グラビアで注目されることが一番の希望ですね
」と抱負を語った。

こんな魅力的なコにアタックせず、淋しい思いをさせてたキャンパスの男子たちに「喝ーーーっ!」と言いたいところ?だが、おかげでグラビアや芸能の世界に彼女が目を向けてくれたのなら、ありがたかったかも…。

もっとやりがいを見つけて、活躍する姿に期待ですよ!

★囲み取材動画は本サイトへ!

https://youtu.be/kvrHcQOeq0c

(取材・文/週プレNEWS編集部)

菅井美沙(すがい・みさ

1995年5月1日生まれ 広島県出身 身長153cm B80 W50 H80

趣味=料理、勉強 特技=体が柔らかい 〇現役の東京理科大学4年生



(出典 news.nicovideo.jp)