(出典 40exchange.com)



1 朝一から閉店までφ ★ :2017/09/19(火) 07:19:46.51

2017年9月19日(火)
ORICON NEWS
相田翔子、Wink時代に笑わなかった理由語る「アイドルスマイル練習しても緊張で…」
 2017年9月19日 06時00分(最終更新 9月19日 06時00分)

情報提供:ORICON NEWS

(写真)
TBS『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』の収録に参加した(左から)相田翔子、堺正章、ココリコ(田中直樹、遠藤章造)


 タレント・堺正章、元Winkの相田翔子がこのほど、オリコンランキングとともに日本の音楽シーンの半世紀を振り返るTBS系特別番組『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』(10月2日、後7:00)
の収録に参加。囲み取材に応じた相田は、Wink時代に「アイドルスマイルを勉強して練習しても、本番ではカチっと緊張してできなかった」と当時“笑わないアイドル”と呼ばれた意外な裏側を明かした。

→【ライブ写真】渾身の力で熱唱する世良公則

 1968年1月4日、オリコンがレコード(後にCD)の売り上げを集計したランキングの発表をはじめて50年が経過しようとしている。時代を象徴する名曲の数々が1位を獲得し、音楽シーンにおける人気のバロメーターの一つとして親しまれてきた。
そんなオリコンランキングを通し歌の50年を振り返る番組が今年2月に放送され、好評を博し第2弾の放送が決まった。引き続きMCを務める堺、そして今回からWinkとして1989 年の
「愛がとまらない」を始め5 曲で1位を獲得した相田翔子、re:japanとして2001年に「明日があるさ」で1位獲得経験のあるお笑いコンビ・ココリコの田中直樹もMCを担当する。田中の相方・遠藤章造はゲストとして参加する。

 堺は「1度、特番でやらせていただいて、世代を越えた広い層の方に歌の持っている楽しさが伝わって非常に好評だったので第2弾となった」とにっこり。「僕も歌には長いこと携わっていた。わかっている部分もあるので楽しみな部分もある。
TBSが総力を上げて集めた秘蔵映像を十分に楽しんでいただければ。やる方も見るのが楽しみ。日本の音楽シーンを彩った方たちの勇姿をたくさん見ていただくのが楽しみ」と魅力を語った。

 一方の相田は「幼少期からテレビで歌番組を見るのが楽しみだった。ブラウン管の中にいる手の届かない存在、夢の世界で生きていらっしゃる方を見て育ってきた。そして自分自身がデビューして、
まさかオリコンで上位をいただくのが信じられなかった。そして、あこがれていた皆さんと共演できるなんて信じられない。私自身も楽しみたいし、永久保存したい番組ですね」とアピールした。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

 https://mainichi.jp/articles/20170919/orc/00m/200/010000c