イケメン声優・梅原裕一郎に高木渉もうっとり「かっこいいね、声も素敵」 



うっとり!
映画.com

「HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作「僕のワンダフル・ライフ」の公開記念舞台挨拶が9月30日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、日本語吹き替え版声優を務めた高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、寺崎裕香、大塚明夫が舞台挨拶に出席した。

「僕のワンダフル・ライフ」公開記念舞台挨拶の模様はこちら!


9月29日に全国311スクリーンで封切られた今作。

ゴールデンレトリーバーのベイリーが、命の恩人である飼い主のイーサンに会いたい一心で、死後にジャーマン・シェパードなど、姿を変えて転生を繰り返す姿を描いた感動作だ。

ベイリーに声を吹き込んだ高木は、上映後の涙が乾かない観客に向け「人間と犬との関係性、犬との別れ。


泣いちゃいますよね。健気ですもん」と共感を示す。

当初はスケジュールの都合で欠席予定だったそうだが、「お客様の反応が見たくて、駆けつけちゃいました」とおどけてみせた。

さらに10代のイーサン役・梅原は「昔からの明るい性格は持っていながらも、事件があって殻に閉じこもってしまう。

10代は人生が変わる時期ですし、2種類のイーサンを演じた感覚があります」と振り返る。

隣に位置していた高木は、梅原の"イケメン声優"と人気を博すルックスをほれぼれと見つめ、「かっこいいねえ! ずーっと横顔見ていたんだけど。かっこいいね、あなたは。

声も素敵」とうっとり語り場内を沸かせた。

一方でハンナ役の花澤は「ハンナざわ(花澤)香菜です」と挨拶し、「大塚さんにギャグを教えてもらったんです」と照れ笑い。

8歳のイーサンを演じた寺崎は「私も8歳くらいのころにハスキーを飼っていました。

温かさや、乗られたときの重量感などを思い出しながら演じました。ブルーという名で、天国で元気かな。

もしかしたらどこかに生まれ変わっているかな」と思いを馳せ、「人生最後の方のイーサン役」の大塚は「"全大塚明夫"が泣きました。台本の裏表紙に印刷されている、宣伝写真を見ただけで泣いた。

リハーサルでもボロ泣き、本番でも、仕上がりを見ても泣きました。しかし悲しい涙ではなく、嬉し涙に近い」と猛アピールした。

また壇上には、AmazonプライムのCMで話題を集め、今作の宣伝アンバサダーを務めたゴールデンレトリーバーのゼウスくんが登場。

くす玉を引き、映画の公開を祝う姿で、声優陣を和ませた。



(出典 news.nicovideo.jp)