ふく太郎 │芸能まとめ速報

・・・・・芸能・ニュース・まとめブログ・・・・・

    ふっくちゃんのニュース速報は 話題ニュースについてに関する情報を 2ch,ニコニコニュースの声をまとめています。

    芸能ニュース



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 47の素敵な :2017/11/18(土) 20:40:07.95 .net

    向井地加藤で移籍金は3000万だったらしい VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【衝撃】芸能関係者「宮脇咲良は10代の女優の中で最も市場価値が高い。移籍金が4億円を超えるから移籍オファーしづらい」】の続きを読む



    (出典 i2.wp.com)



    1 あちゃこ ★ :2017/11/18(土) 14:00:02.51 ID:CAP_USER9.net

     夫で俳優の船越英一郎(57)と離婚調停中のタレント・松居一代(60)が18日、
    自身のブログを更新。船越の不倫疑惑などを動画サイトなどに投稿して名誉を傷つけたとして、
    船越の所属事務所から300万円の損害賠償を求める訴訟を起こされていることについて
    「このニュースは事実です」と認め、現在の心境を明かした。

     松居はブログで「約束でしたね…緊急報告」と題してブログを更新。「裁判の第一回目の口頭弁論が
    昨日の、11月17日金曜日でした。しかし、私の代理人弁護士の都合がつかなかったことから
    欠席いたしました」と口頭弁論を欠席した理由を明かし、「昨日の、第一回目は私も弁護士も
    出廷できませんでしたが『全面的に争うことを記載した答弁書』だけは提出しています」と
    内情を語った。

     「どれくらいの…戦いになるのでしょう。私にもわかりません」と不安を吐露し、最後に
    「この先…一年、二年…五年ぐらいでしょうか…。この事件で、心配をかけますが
    見守っていただけますように心からよろしくお願い申し上げます」とブログの読者に
    呼びかけた。

     17日に開かれた第1回口頭弁論では、松居側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。
    松居は7月にインターネット上で、船越が不倫しているなどと一方的に主張し、
    所属事務所も批判した。原告側は事実無根とし「名誉や信用を傷つけられた」としている。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000093-spnannex-ent


    【【衝撃】松居一代、夫・船越の所属事務所の提訴に「全面的に争う」】の続きを読む



    (出典 news.mynavi.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/16(木) 10:37:05.18 ID:CAP_USER9.net

    今年の「NHK紅白歌合戦」の総合司会に、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良が抜擢された。
    総合司会を同局のアナウンサー以外のタレントが務めるのは、1983年のタモリ、2005年のみのもんた(山根基世アナとの共同司会)以来。
    紅組司会は、昨年に続き女優の有村架純。白組司会は、嵐の二宮和也に決定した。

    内村にとって紅白は、98年に音楽ユニット・ポケットビスケッツのメンバーとして出場して以来の出演となる。

    この報にネット民は「ウッチャン良いじゃん」「ウッチャンはLIFEやってるから選ばれたんだろーね」など歓迎ムードのある一方、「なんでウッチャンなの? 総合司会はNHKの局アナでいいよ」「なんでウッチャン? 
    NHKには優秀なアナウンサーいっぱいいるじゃない。訳がわからん!」など、賛否が分かれた。

    芸能ジャーナリストは、内村の起用理由をこう見立てる。

    「基本的にNHKは、局への出演の多さ、いわゆる貢献度が重視されます。内村がNHKに出演しているのは、
    12年から続いている『LIFE!~人生に捧げるコント~』のみ。ですが、『LIFE~』は紅白視聴につながる中高年女性の支持が高く、内村は幅広い知名度があり老若男女から好感度が高い。
    それが、ジャニーズ枠と揶揄される白組司会の二宮や、2年続投となる有村の緩衝材的存在になればと考えたのではないか。『イッテQ!』や『スクール革命!』などでの実績も加味されていると思います」

    バラエティ番組の司会者としては高評価の内村だが、歌番組の司会は皆無に等しい。
    時間配分の難しい生放送の紅白を、どこまで仕切れるか楽しみにしたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1376365/
    2017.11.16 10:14 アサジョ


    【【納得】内村光良が「紅白」総合司会に選ばれた“やっぱり”な理由】の続きを読む



    (出典 static.curazy.com)



    1 きゅう ★ :2017/11/17(金) 06:05:27.10 ID:CAP_USER9.net

     12月3日に開催される『M-1グランプリ2017』の決勝戦進出者9組が出そろった。その8日後には、日本テレビが女芸人No.1決定戦『THE W』を初めて開催する。年末に向けて漫才熱が高まるなか、NHK総合で深夜にひっそりと『笑あがき~崖っぷち芸人成り上がり実録~』がはじまっていた。

     出演しているのは、品川庄司・品川祐とパンクブーブー。フリートークやツッコミワードの打点は高いが、なぜか視聴者受けが薄味の3人だ。品川は、映画監督や作家など、多芸多才な漫才師。パンブーは、『M-1グランプリ2009』と『THE MANZAI 2011』の2大メジャーコンテストを唯一制したコンビ。そんな3人が、徒弟制度を復活させるために、みずからが審査した2組を弟子として育て上げるというのが、番組コンセプトだ。

     品川が選んだのは、元№1キャバ嬢+アメリカとのハーフ+毒舌派からなる女性トリオ・ぷらんくしょん。野球サークルで出会ったキャラ憑依型・ダンビラムーチョ。パンブーが選んだのは、名古屋の幼なじみ・テンチュー、元慶應ボーイの高学歴知能派・ストレッチーズだ。

     まず、品川はオリジナルのツッコミワードを入れた、パンブーはボケ数を20個以上入れた新作漫才を作れと指示を出す。ここで1組が削られ、最終的には1組vs1組、品川vsパンブーの漫才代理戦争になる。ちなみに、“削られる”のは、NHK BSプレミアムで15年に放映された『爆笑ファクトリーハウス 笑けずり』、翌16年の『笑けずり シーズン2~コント編~』を踏襲したものだろう。

     ネタ披露後、新たに品川は、ボケのキャラクターを生かした新作漫才を、パンブーは残り30秒でクライマックスがもっと盛り上がる漫才に練り直せと、次の課題を与える。猶予は2週間だ。

     葛藤する若手芸人のために、品川はある夜、飲みの場をセッティングする。これ幸いと、ぷらんくしょんは「ネタと作ってるとき、はっきりモノを言えない」と悩みを打ち明ける。それに対して、「判断するのはお客さん。言わないじゃなくて、言えばいいだけの話」とシンプルで的確な答えを出す。それまでは、撮られていることを意識し、ナルシストな受け答えだった品川だが、この夜はアルコールが入っていたこともあり、素に近い。声の小ささが、それを物語った。ほんの少し、好感度が上がった瞬間だった。

     ところが、それもつかの間。強者が現れた。トレンディエンジェル・たかしだ。ダンビラムーチョが舞台袖で座り込んでいると、たかしが歩み寄る。品川が師匠であることを聞いたたかしは、「(品川が言うことは)的確でしょ」と、まずは先輩を持ち上げた。しかし、「でも、品川さんは賞レースで結果出してない。結果出した人に教えてもらいたくない?」と、図星の暴投を放ってみせた。トレエンは『THE MANZAI 2014』で準優勝、『M-1グランプリ2015』で優勝した高実績保持者。品川をディスるに十分な要素がふんだんだ。

     最終回は11月18日で、番組初の生放送。ダンビラムーチョvsストレッチーズに決定したが、品川は、二の句が継げない正論を後輩から吐かれているだけに、『笑あがき』ならぬ、悪あがきのほうが気になる…。

    http://wjn.jp/article/detail/0079824/


    【【衝撃】嫌われ芸人の真骨頂?品川がトレンディエンジェルに潰された瞬間】の続きを読む



    (出典 www.entame-style.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/17(金) 18:33:19.82 ID:CAP_USER9.net

    シンガー・ソングライター、来生たかお(66)が作曲家として新たな挑戦に乗り出した。
    漫画家、さくらももこ氏とのコラボアルバム「One Week」をリリースしたのだ。曲作りにかける思いを聞いた。

    同作はひとりの女性の1週間をテーマにした、さくら氏の詞7作に来生が曲をつけた。
    月曜日の高揚感から、恋人に会えない切なさなど、うつろう女性の心の変化を、ポップスやボサノバなど幅広い曲調で表現した。

    「割といいフレーズが浮かんで、集中的に書くことができたんです。僕は基本、メロディー先行なんですが、今回は詞が先。
    さくらさんの個性的な詞にメロディーを乗せるのは難しかったよ」

    「僕はメロディー人間なんで」と語るように、メロディーを大切にする。原点はヘンリー・マンシーニやニーノ・ロータの映画音楽。
    情景が目に浮かぶような美しいメロディーが心に刺さる。

    デビューして42年。当初はヒットに恵まれなかった。「ターニングポイントは81年の『Goodbye Day』かな。あれは珍しく詞が先。
    これがダメなら裏方に徹しようと思ってね。それがスマッシュヒットして、もうひと踏ん張りと思ったら、『夢の途中』がブレークしたんです」

    その『夢の途中』だが当初は売れるかどうか分からなかったという。
    「映画のプロデューサーに頼まれて書いた3曲のうち、一番自信がなかった曲でした。しかしプロデューサーが選んだんです。
    しかも、もともと僕が歌う予定だったのに、薬師丸ひろ子さんが歌うことに。それがまさか2曲ともベストテン入りとは」と振り返る。

    「当時、僕はひろ子さんの人気を知らず、予約枚数を聞いてびっくりしたんです。
    僕のほうはどうなるんだろうって複雑な気持ちになりましたよ。いい時代でしたね」

    12月16日に神戸市の神戸国際会館こくさいホール、25日に東京都渋谷区のBunkamuraオーチャードホールで、コンサートを開催。問い合わせはチケットポート((電)03・5561・9001)。

    2018年1月17日には、15~16年の40周年記念のフルオーケストラコンサートのDVD(+CD)も発売される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13905380/
    2017年11月17日 17時18分 ZAKZAK(夕刊フジ)


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 Youtube)

    夢の途中/来生たかおライブ


    【【衝撃】来生たかお、『夢の途中』は「一番自信なかった曲」 漫画家・さくらももこ氏とコラボアルバムリリース】の続きを読む

    このページのトップヘ