ふく太郎 │芸能まとめ速報

・・・・・芸能・ニュース・まとめブログ・・・・・

    ふっくちゃんのニュース速報は 話題ニュースについてに関する情報を 2ch,ニコニコニュースの声をまとめています。

    最新ニュース


    テレビCMなどでも「ツケ払い」を積極的に訴求
    ITmedia ビジネスオンライン

     ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長は4月28日、同サイトで商品購入から最大2カ月間支払いを遅らせることができる「ツケ払い」について、「利用率についてはお答えできない。未払いがどれくらいなのかは把握していないのが現状」などと説明した。

    【拡大画像や他の画像】

     ツケ払いは、5万4000円(税込)以内の注文なら商品購入から最大2カ月間、支払いを遅らせることができる(「ツケ」にできる)サービス。GMOペイメントサービスが決済代行を担当し、同社の「GMO後払い」を利用して提供している。

     テレビCMなどのキャンペーンで積極的にPRし、新規ユーザーの獲得につなげた。一方で、ユーザーにとっては気軽に利用できるが、未成年などが気軽に購入した結果、支払いが難しくなるケースを懸念する声も上がっており、実際に「ツケ払いの支払い通知を放置していて、気が付いたら督促状が来ていた」という報告もネットに投稿されている。

     決算会見で前澤社長は、「テレビCMはツケ払いを訴求した。その結果、認知度、利用率が上がった。この成果が、17年4月以降の業績にも好影響を与える」と話した。

     ツケ払いのリスクなどについて問われると、「ツケ払いの利用率についてはお答えできない。また、未払いがどれくらいなのかは把握していないのが現状。GMOとは共同でやっているサービスなので、不測の事態があればお互いに話し合って解決していく。建設的に取引をしているし、危惧するところはない。このまま継続サービスとしてやっていきたい」と説明した。

    ●業績は絶好調

     同日発表した2017年3月期の連結決算は、売上高は前期比40.4%増の763億円、営業利益は48.0%増の262億円と、大幅に拡大した。

     成長をけん引したのは、16年と17年に出店を加速させた新規ショップの売り上げと、ツケ払いの効果、そして今年1〜3月に実施したプロモーションの効果だという。

     事業別では、ZOZOTOWN事業が売上高683億円(42.4%増)と約9割を占める。ショップからの受託が大部分を占めるが、古着通販・買取サービスの「ZOZOUSED」も売上高128億円(61.8%増)と好調だ。

     同じくユーズド事業であるフリマアプリ「ZOZOフリマ」は6月30日にサービスを終了する。「フリマは思ったほど伸びなかった。もともとZOZOUSEDから派生して『お客様の選択肢を広げる』という思いでやっており、大きな投資もしていなかったので、ひっそりと終わることに。ユーズド事業はZOZOUSEDに集中していく」(前澤社長)という。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ZOZOTOWN「ツケ払い」、未払い率は「把握していない」】の続きを読む


    「リンツ ショコラパフェ マンゴー」(1780円)
    東京ウォーカー

    やさしい甘さのミルクチョコレートとフルーティーなマンゴーの組合せ。

    【写真を見る】「リンツ ショコラ カフェ 銀座店」で味わえる

    リンツ ショコラ カフェ 銀座店は、春夏限定の新デザートメニュー「リンツ ショコラパフェ マンゴー」(1780円)を、5月1日(月)から販売する。

    1845年創業で、世界120カ国以上で愛されているスイスの歴史あるプレミアムチョコレートと、相性の良い季節の素材を組み合わせたショコラパフェ。春夏限定のメニューとして、やさしい甘さのミルクチョコレートと相性の良いフルーティーなマンゴーを組み合わせた。

    グラスの下から順に、サクサクとした食感のヘーゼルナッツのクルスティヤン、とろっとなめらかな口どけのマンゴーのプリン、濃厚なミルクチョコレートのソース、やわらかなマンゴーのコンポート、ふんわり軽い口あたりのミルクチョコレートのホイップクリームで構成されている。

    トップはミルクチョコレートのアイスクリーム、フルーティーなマンゴーのシャーベット、パッションフルーツのミニマカロンで華やかにデコレーション。仕上げにはカカオニブ入りのヌガティーヌ、リンツのロゴチョコレートが飾られている。

    様々な食感と味わいが重層的に楽しめるショコラパフェは、食べ進めていくほどに、ミルクチョコレートのやさしい甘さと、濃厚でフルーティーなマンゴーの酸味がうまく調和。春夏でもさっぱりとおいしくチョコレートを楽しめる、極上の一杯となっている。【ウォーカープラス編集部/コタニ】



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【速報】世界で愛されるチョコブランドから春夏限定の「ショコラパフェ マンゴー」】の続きを読む


    最新主演映画『結婚』で、ディーン・フジオカが結婚詐欺師に!
    Movie Walker

    端正な顔立ちと抜群のスタイルで一気に人気俳優の仲間入りを果たしたディーン・フジオカ。ドラマやCMへの出演が途切れないなか、この春からスタートした報道番組「サタデーステーション」の“インフルエンサー”にも抜擢され、そのマルチな才能に再度注目が集まっている。

    【写真を見る】ディーン・フジオカが女性たちを虜に!『結婚』の最新カットはこちらから

    そんなタイミングで、待望の主演映画『結婚』が6月24日(土)に劇場公開される。直木賞作家・井上荒野の同名長編小説を映画化した本作のテーマは、ずばり“結婚詐欺”。ディーン自身も「今まで自分が演じたことのなかった役、演じることを考えたこともなかった役」と語る結婚詐欺師役に挑戦し、新たな一面を開花させている。

    ディーンが扮するのは、結婚詐欺師・古海健児。端正な容姿に気の利いた会話、捉えどころのないミステリアスな瞳、そしてどこか寂しげな横顔で瞬時に女たちの心を奪っていく。そうやって惚れさせた女たちから大金を騙し取ることを繰り返す一方で、実は幸せな結婚生活を送っている…という最低な男だ。

    先日公開された予告編は、ディーンのイイ男っぷりが炸裂!あの甘い声で「結婚しないか?」と囁き、女性をギュっと抱き寄せると、情熱的なキス…という卒倒もののシーンで幕を開ける。さらに、クールにキメた彼が女性を手玉に取っていく様子から、引き締まった肉体が確認できるシャワーシーンやベッドシーンまで、“オトナの男”の色気がダダ漏れ状態だ。

    紳士的なイメージが強いディーンだが、今回の役どころはそれとは正反対の影のある悪い男。そのギャップに、心をときめかせてしまう女性も少なくないはずだ。新たな魅力を開花させたディーンの活躍から、これからも目が離せない!【トライワークス】



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【朗報】ディーン・フジオカ、女性たちを欺くオトナの色気が爆発!!!!】の続きを読む


    綺麗すぎる音ゲーこと「Lethe」(リーズ)のグローバル版が5月5日に配信予定。美しいイラストがプレイによって変化する点に注目
    4Gamer

     Lethe Japan Studioは本日(2017年4月29日),iOS向けリズムアクションゲーム「Lethe」(リーズ)のグローバル版を,5月5日に配信すると発表した。
     本作は,中国のパブリッシャChangyou.comが手がけたアプリで,中国や台湾などアジア圏の一部地域でサービスが行われている。


     特徴的なのは,リズムゲームパートで表示されるイラストが,複数のレイヤーで構成されている点だろう。音楽に合わせて登場するボタンをタップしていくと,これをきっかけにイラストに花が咲くといった変化が起き,目と耳で世界観を体感できるのだ。こうしてリズムゲームをクリアすると,物語が進展するようになっている。
     開発中のスクリーンショットも届いているので,こちらもじっくりとチェックしてほしい。数々のイベントで受賞歴があり,そのクオリティの高さは折り紙付きと言えるだろう。


    リンク:Lethe Japan Studio公式Facebookページ
    リンク:Lethe Japan Studio公式Twitterアカウント

    <以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

    タップで映像が変わる、綺麗すぎる音ゲー上陸!
    Lethestudioが送る、マルチレイヤー方式音ゲー
    「Lethe(リーズ)」ワールドワイド版が5/5に配信開始!

     中国Changyou.com Ltdの日本での運営を行うLethe Studio Japanは、この度最新音ゲー「Lethe(リーズ)」のワールドワイド版を2017年5月5日(金・祝)に配信開始する運びとなりました。
     今までなかったマルチレイヤー方式にて作られた映像と圧倒的な美しさのグラフィック。そしてファンタジーにどっぷり浸かれる楽曲を提供する作曲家の面々と続きが気になるストーリーシナリオ。
     目で見て、耳で聴いて美しい、とにかくすべてが美しい超美麗音ゲーとして、中国、台湾、香港、マカオでは既に話題を呼ぶ人気タイトルである本作、ついにこの度ワールドワイド版にて、北米、ヨーロッパ、日本でも配信が決まり、ますます話題を呼んでいます。

    ■特徴
    Letheでは、心揺さぶる独自のユーザエクスペリエンスを生み出すために、映像と音楽を緻密な技術のもとで融合させています。楽曲のプレイを通し、音の手がかりを辿ることによってストーリーを進めていく方式となっており、手がかりを集めると次のストーリーの秘密が明かされるストーリーアンロックシステムを採用しています。楽曲内では、ボタンのタップがトリガーとなり、背景映像にビジュアルアクションとエフェクトがかかり、固定背景やVJ動画の上でボタンが光る従来の音ゲーとは全く異なる演出が施されています。音ゲーに必要なタイミングの正確性はそのままに、タイミングの違いで起こるアクションの違いも見所の一つとなっています。

    ■受賞歴
    ▼2016-2017年
    インディープレイ最優秀音効賞受賞
    Jinyuan 最優秀音楽・効果音賞受賞
    Jinyuan 最優秀グラフィック賞受賞
    CGDA 最優秀モバイルゲームデザイン・開発賞受賞
    TIGA 最優秀ゲームショウノミネート
    Very Big Indie Pitch 最優秀ゲーム4位(アジア製品で唯一)
    IMGA 最高作品賞ノミネート
    IMGA 最期待ゲーム賞受賞
    IMGA 最優秀音楽賞受賞
    台北ゲームショウ 最優秀グラフィック賞受賞

    ■公式TwitterとFacebookについて
    「Lethe」の最新情報はTwitterでチェック

    Lethe 公式Twitterアカウントはこちら:
    https://twitter.com/LetheStudio
    Lethe Japan Studio公式Facebookアカウントはこちら:
    https://m.facebook.com/Lethe-Studio-Japan-1906463906259244/

    ―――――――――――――――――――――――――――――
    記事URL:http://www.4gamer.net/games/379/G037915/20170428124/
    →この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)

    ―――――――――――――――――――――――――――――
    Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【綺麗すぎる音ゲーこと「Lethe」(リーズ)のグローバル版が5月5日に配信予定。美しいイラストがプレイによって変化する点に注目!!!!】の続きを読む




    1 野良ハムスター ★ :2017/04/12(水) 08:52:35.20 ID:CAP_USER9.net

    東京・池袋。中堅私立大学の夜間部に通う、菅野舞さん(仮名、20歳)と待ち合わせた。文化系サークルに所属し、昼間は中小企業でデータ入力のアルバイトをする。アルバイトは時給1000円だ。後期試験が終わった晩冬は、稼ぎ時となる。いつものように夕方までアルバイトし、さらに20時からお小遣いをくれる中年男性に会う。

    「その男性に合わせるからわからないですけど、たぶんエッチもすると思いますよ」

    彼女は当たり前のように、そう言う。風貌は茶髪、地味な服装で、どこにでもいる普通の女子大生だ。大学近くの家賃7万円のアパートに1人暮らし。親はいない。児童養護施設育ちで仕送りはなく、どうしてもおカネは足りない。悩んだ末に大学1年春から性*、そして2年から特定の中年男性を相手に売春する。

    ■「仕送り」額は減少を続けている

    彼女は今年1月25日にアップされた記事(21歳医大生が「売春」にまで手を染めた事情)を読んで、われわれに連絡をしている。

    「あの医大生の女の子の記事に対して非現実的、ウソみたいなコメントがたくさんあった。私もそうですけど、今の大学生とか若い子たちの中では、効率的におカネを稼ぐ、稼がざるえないって環境って普通にあることじゃないですか。全然、特別なことではない。だから、私も今の状況を話したら、作り話とか言われるのかなとか。そういう興味で連絡しました」

    現在、私大生の貧困は深刻だ。全学生の51.3%(平成26年度学生生活調査)が奨学金を借り、親からの仕送り額は減少を続ける。自宅外学生の親の仕送り額は、1994年の12万4900円から2016年には8万5700円と減少し(東京私大教連調べ)、仕送り額から家賃を引いた平均生活費は1日当たり790円となっている。

    親元を離れる地方出身の大学生、特に私大生はアルバイトをしないと生活どころか、生きていけない状況なのだ。そのような厳しい状況の中で、親世代の世帯収入は下がり続け、学費の上昇は続き、授業の出席は厳しい。経済的に追い込まれている大学生を理不尽に使うブラックバイトが大問題となっている。現在の大学生には、“レジャーランド”と揶揄されたかつてのように遊びほうける余裕はない。

    「詳しくはないですけど、コメントされている方々の時代は恵まれていたんですよね。だから、学生が*に身を落とす意味がわからないというか。*で働いていると、中年のお客さんですごく見下してくる人は多い。“どうして、こんな仕事をするの??ブランド物が欲しいの?”みたいな。そんなのおカネのために決まっているじゃないですか。わからないなら、わからないで別にいいし、理解してほしいとも思わない。けど、違和感はありますよね」

    菅野さんには、親はいない。仕送りはゼロ円だ。大学を卒業するためには、4年間の学費と生活費のすべてを自分で稼がなければならない。高校2年生のときに進学を決意して、アルバイトをして貯金した。高校と児童相談所の反対を押し切って、上京。受験して、進学した。夜間部を選んだのは授業料が安いからだ。

     一般的な大学生が時給アルバイトで稼げるのは、せいぜい月10万円が限界だ。菅野さんの収入は奨学金と合わせて月16万4000円、家賃を支払ったら残るのは9万円程度。そこから携帯、光熱費、交通費、食費を支払えば、おカネはほとんどなくなる。親のいない彼女は、さらに学費がかかる。

    「アルバイトだけでギリギリの生活はできます。けど、どうしても学費が払えない。それは高校生の頃からわかっていたことなので、1年生の春には*に行きました。池袋の*です。1本1万円の店で、出勤は週1日くらい。稼げるのは月6万~10万円程度かな。*で稼いだおカネは、全部貯金して学費にしました」

    地元は地方。経済的に無理して上京、進学した。それなりに覚悟があったので、18歳で*嬢になっている。その事実を淡々と語るが、知らない男性に性的サービスをする*の仕事は精神的に厳しいという。

    「1日出勤するだけで精神的にきます。もう、次の日は動けなくなるほど、疲れる。割に合わないです。やっぱり後ろめたさがあって、おカネのためだから仕方ないとか、売れるもの売って何が悪いっていう言い分もあるけど、やっぱり社会的に認められていない一面が居づらくさせるというか。知らない男性を相手に、こういうことしなくちゃ自分は生きていけないって現実が苦しい。あと、カラダが痛い」

    (以下省略)


    (出典 tk.ismcdn.jp)

    http://toyokeizai.net/articles/-/166937


    【【社会】売春で学費を稼ぐ貧困女子大生の悲しい現実…カラダを売らないと学生生活を維持できない!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ