ふく太郎 │芸能まとめ速報

芸能まとめブログです(^^)/ 最新情報を届けられるように毎日更新しています!!! ぜひ、遊びに来てください( *´艸`)

    ふっくちゃんのニュース速報は 話題ニュースについてに関する情報を 2ch,ニコニコニュースの声をまとめています。

    カテゴリ:


    小倉優子が「お笑いコンビの解散事情」を聞いてショゲ返ったワケ 



    アサジョ
    アサジョ

     やはり離婚で負った心の痛手は大きかったのか。小倉優子が番組内でのコメント中に言葉を詰まらせるという生々しい場面が映し出された。

     

    【小倉優子が「お笑いコンビの解散事情」を聞いてショゲ返ったワケ!!!】の続きを読む



    1 investment ★@\(^o^)/ :2017/07/28(金) 10:07:36.33 ID:CAP_USER9.net

    25日、元ほっしゃん。で知られるお笑いタレント・星田英利が自身のTwitter上で、「アベヤメロ!」と訴えた。

    星田といえば、昨年8月に開催したリオ五輪で、安倍晋三首相が「アベマリオ」を披露した際、その演出を皮肉ったこともある。

    安倍政権の支持率低下が報じられる中、25日、星田が突如として「安倍さん。お辞めください!」「あなたの発言から、 一番大切に想ってらっしゃる日本と、 あなたの発言から、 一番大切に想ってらっしゃる そこに暮らす国民のために」と、安倍首相の辞任を要求したのだった。

    星田は「日本が大好きです!」と宣言した上で、日本をないがしろにしたり、潰すような発言や行動を取る人間は「大嫌い」だと力説。

    続けて、「売れっ子さん」は「安倍ヤメろ」と公言できないが、「売れっ子やないわたくし」は正直に言えると自虐を交えつつ、「アベヤメロ!」と叫んでいる。

    なお、星田が一連の投稿をした2日後、野党・民進党の蓮舫代表が辞任する意向を表明した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13394274/

    2017/07/27(木) 23:48:37.64
    前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1501166917/


    【【芸能】元ほっしゃん。が安倍晋三首相に「アベヤメロ!」「お辞めください!」★2】の続きを読む



    1 ニライカナイφ ★@\(^o^)/ :2017/07/27(木) 22:11:09.87 ID:CAP_USER9.net

    自民党の今井絵理子参院議員(33)は27日、報道関係者へのFAXと自身のブログで、同日発売の「週刊新潮」で報じられた神戸市議会の橋本健市議(37)との不倫疑惑について釈明した。

     今井氏は冒頭で「この度は、心から応援してくださっている皆さまには、私の軽率な行動により多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことに対しまして、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

     橋本氏は昨年の参院選で今井氏の当選を支援した多くの地方議員のひとりだと説明。今年に入り「お仕事で一緒になる機会が増え」、そのときに交わした議会や政治の話に興味を覚え、橋本氏に個人的に好感を持つようになったという。

     二人だけで合う機会が増えると、橋本氏から妻と離婚協議中であるとこを明かされ、その上で交際を申し込まれたという。しかし法律上はまだ妻帯者である橋本氏に対し「“一線を越えてはいけない”と思い、『きちんとけじめをつけてから考えましょう』と申し上げ」たとしている。

     「週刊新潮」に掲載された写真や動画については「疑いの目を向けられることはごもっともなこと」と反省の意を表したが、「ただ、これだけは言わせてください。雑誌のタイトルであるような『略奪不倫』ではありません。断じてないということを言わせていただきます。どうかご理解いただけたらと思います」と釈明した。

     そして、自身の子育てについては「自宅に同居する母のサポートを受けながら仕事と両立しております。しかし、夜遅いお仕事や早朝の会議などで自宅に帰れないことがあるため、家族で話し合い、都内にマンションを借りて利用していました。中学生になった息子が学校のない日は一緒にマンションで生活しております」と報告。最後は「本当にこの度の私の軽率な行動により深く傷つけてしまった方々へ、心からお詫び申し上げます」と締めくくった。

    http://www.sanspo.com/geino/news/20170727/pol17072717410010-n1.html

    ★1:2017/07/27(木) 17:53:00.76
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1501152314/


    【今井絵理子参院議員「『略奪不倫』断じてない」「一線越えてはいけないと思った」 週刊誌報道について釈明★3】の続きを読む



    1 金魚 ★@\(^o^)/ :2017/07/27(木) 20:25:02.05 ID:CAP_USER9.net

    TOKIOの国分太一、城島茂、山口達也、V6の坂本昌行、長野博が26日、TBS系『ビビット』(毎週月~金曜あさ8時)にVTR出演。
    ジュニア時代に苦楽をともにした5人が当時を振り返り、苦悩やグループ解散の危機について明かした。

    ◆山口達也、「一方的に嫌いだったよね?」当時の派閥について暴露

    番組では、ジャニーズのアラフォー5人による座談会を実施。

    当時、光GENJIに対抗した“平家派”というバックダンサーグループとして活動していた5人だったが、ジュニア内に派閥があり、仲の悪いメンバーもいたという。
    山口が、「坂本が一方的にリーダー(城島)のこと嫌いだったよね」と暴露すると、坂本は、「(当時は)挫折の連続だったから、誰かが雑誌に呼ばれていると自分は腐ってた」
    「ああもう終わったと思っていた」と葛藤を告白した。

    ◆事務所退所経験のある坂本昌行、長野博が抱えていた思いとは

    また、ジャニーズ事務所を退所した経験のある坂本と長野に、国分が辞めようと決意した理由を問うと、坂本は「旅行会社のバイトもしてたので、
    添乗とか行くと女の子に『平家派の方ですよね?』とか聞かれたりしてた。そこでも悩んで旅行会社の先輩に相談したら『1回、外に出てみるのも社会勉強じゃないか』って言われた」と経緯を説明。

    長野は、事務所を辞めたわけではなかったようで、毎週あったレッスンがなくなり、仕事もない状態が2年半続き、自然とフェードアウトしていたが、
    突然のジャニー社長からの電話をきっかけに復帰したことを明かした。

    ◆デビュー後、それぞれのグループで解散の危機も

    その後、TOKIO、V6としてそれぞれデビューしたが、グループ内で解散の危機もあったことを振り返った。

    V6はメンバー同士で年齢差があったため、若手メンバー岡田准一、森田剛、三宅健の「Coming Century」(通称:カミセン)と、
    年長メンバー井ノ原快彦、坂本、長野の「20th Century」(通称:トニセン)でV6の中でもさらにグループがあり、人気の差などでギクシャクしていた時期もあったという。

    坂本は、「年齢差があるから喧嘩が出来なくて、カミセンはいろいろな思いを溜めるしかなかった」と吐露。その結果、番組に出演しても全員の会話もままならない状態で、
    「“解散”の言葉は出ないけど、どっかしらでみんな(解散することは)よぎっていた」と話した。

    V6の内情を聞いていた国分も、「(TOKIOも)1番大切にしなきゃいけない音楽の仕事に対して、
    全く話さなくなった時期があった」とデビュー10周年を迎えたタイミングで解散の危機があったという。

    誰かが解散を言い出す前に、5人で集まって腹を割って話し合いをしたところ、
    「初めて気づいたことがあった。自分たちで作る音楽だからこそ愛情を持ってパフォーマンス出来るんだなってなった」と改めて気持ちが1つになったようで、
    「1つステージを超えた気がする。俺泣いたもん。すごく良い会だった」と語った。

    ◆城島茂「白髪になってもみんなでバンドをやっている」

    ほかにも、ジュニア時代の国分を見て絶対に売れると思った城島が、国分に「サインください」と頼んだエピソードも披露。
    国分は、「この人(城島)はもう(事務所を)辞めるんだろうなって、思い出にサインを渡したら同じグループになった」と振り返り、
    「こんなことになると思っていなかったよね」と懐かしんだ。

    最後に城島は、将来の夢について「全員白髪になってもみんなでバンドをやっている。もちろんアイドルとして」と笑顔で宣言。
    国分が「何歳までアイドルだと思う?」と問うと、「棺桶に入るまでじゃないですか?」と答えてスタジオの笑いを誘い、和やかな雰囲気で座談会を締めた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13388836/


    【【大戦争】TOKIO&V6、過去の解散危機を告白「一方的に嫌いだった」「行き場所がなくなった」ジュニア時代の苦悩も】の続きを読む

    このページのトップヘ