ふく太郎 │芸能まとめ速報

・・・・・芸能・ニュース・まとめブログ・・・・・

    ふっくちゃんのニュース速報は 話題ニュースについてに関する情報を 2ch,ニコニコニュースの声をまとめています。

    お笑い芸人



    (出典 yoshi-toku.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/16(月) 17:03:19.23 ID:CAP_USER9.net

    13日に放送されたAbemaTVの『芸能義塾大学』ではお笑いコンビ・千鳥(大悟・ノブ)が、ロケで気を付けるべきことを解説した
    生徒役は都丸紗也華、Niki、華村あすか、山地まり、菊地亜美。とても重要な格言が「地方では言葉選びを間違えただけで*合いになる」だ。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    ノブが過去に島のロケ行った時、「いい意味で」言った発言が地元の漁師の逆鱗に触れたのだ。
    その漁師の船には灯台のようなものがついていたため、「海賊みたいですね」と言った。
    これは、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』に出てくる海賊のようなものをイメージし、ホメ言葉で言ったのだ。
    すると漁師は「おいお前、今何言った?」となり、そのままロケは中止に。
    結局その地域は「海賊」という言葉が禁句だったため、アンタッチャブルなところに踏み込んでしまったのだ。

    その一方、広島、博多、仙台、札幌など、プロ野球の地元球団がある場所では野球の話題はOKだという。
    さらには、地方ロケの場合は終了後に「泊まりたい!」と言うのもまた呼んでもらえるための重要な手立て。
    マネージャーに「今日泊まれますか?」「う~ん、さすがに無理だなぁ」などと小芝居を打つところまでやるべきだという。これは「素敵な嘘」なのである。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    気をつけなくてはいけないもう一つが、地方局同士の合同特番だ。
    お互いがプライドがあって、競い合うものの、あまり話し合えていないことが多い。
    しかし、年に1回しかないお祭り騒ぎのため、気合が入りまくっている。会議で盛り上がったことをてんこ盛りにしてしまうため、
    1時間番組なのに24時間カメラをまわし、ロケ地が全部で15か所といったこともあったそうだ。
    ただし、これについては文句は言ってはいけない。ノブが語る。

    「年1の合同特番は文句言わずにやろう。スターの証、と歯をくいしばってやろう。次につながります。
    『すいませんね、しんどかったですね』と言われても『大丈夫ですよ。全然しんどくないです』と答えれば、
    『実は今度、深夜が空きそうなんですよ…』などと番組レギュラーのオファーが来るかもしれないというのだ。
    東京の番組で60歳まで出られる人なんてあまりいない。

    大悟は「ワシらは生きていけないかもしれない。その時に地方は恩を返してくれる」と述べるとノブは
    「地方は年金です。返ってきます」とすぐに展開し、大悟が「ちゃんと年金は払いましょう。愛情でやってるから」と締めた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13755354/
    2017年10月16日 16時51分 AbemaTIMES


    【【衝撃】千鳥ノブ、ロケで地元の漁師の逆鱗に触れる「地方では言葉選びを間違えただけで殺し合いになる」 】の続きを読む



    (出典 journal.shingakunet.com)



    1 おうか ★ :2017/10/15(日) 18:21:53.77 ID:CAP_USER9.net

     絵本作家としても活動するお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(37)が15日、自身のブログを更新し、今月4日に発売した自身のビジネス書『革命とファンファーレ~現代のお金と広告~』(幻冬舎、1500円)を全国の図書館5504館に自腹で寄贈することを発表した。


     今月13日、全国の公共図書館などの関係者が集まる場で、大手出版社の社長が文庫本の売上減少に影響を与えているとし、図書館での文庫本貸出中止を要請したことが報じられ、物議をかもしたことがきっかけ。

     西野は自身が昨年10月に発売した絵本『えんとつ町のプペル』を今年1月に全ページ無料公開したことを例にあげ、「絵本『えんとつ町のプペル』は“貸し出し”どころか、いつでもどこでも未来永劫無料で読める状態にして、さらに売り上げを伸ばし2017年上半期最大のヒットとなりました。理由は単純、『えんとつ町のプペル』が時間面積を奪ったからです。テレビかラジオか、他の何かに使うハズだった時間を、多くの人が『えんとつ町のプペル』に使ったのです」と説明。

     今年1月、数百万人が『えんとつ町のプペル』を無料で読んだとし、「これにより、無料で見れたから、『えんとつ町のプペル』は、もう要らないやという【買わない人】も増えたと思います。しかし同時に、「これは買って、家に置いておこう」という【買う人】も増えました。分母が増えたので、当然の話ですね。そして、売り上げとしてカウントされるのは【買う人】の数です。【買う人】の数を増やすのは簡単で、「買うor買わない」の選択に迫られる人を増やせば…つまり、分母を増やせばいいだけです」と主張する。

    以下ソース
    https://mainichi.jp/articles/20171015/orc/00m/200/015000c


    【【称賛】キンコン西野亮廣、全国図書館5504館に自腹で著書寄贈!!!!】の続きを読む


    尼神インター誠子、竹内涼真に告白『ずっとあなたが好きだった!』 



    画像提供:マイナビニュース
    マイナビニュース

    お笑いコンビ・尼神インターの誠子が、15日に放送されるTBS系バラエティ特番『明石家さんまのずっとあなたが好きだった!』(19:00~20:57)に出演し、俳優の竹内涼真に告白する。

    【尼神インター誠子、竹内涼真に告白『ずっとあなたが好きだった!』】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 あちゃこ ★ :2017/10/08(日) 18:23:39.15 ID:CAP_USER9.net

     今年8月に雨上がり決死隊・宮迫博之(47)との不倫疑惑が浮上したモデルの
    小山ひかる(26)が、8日生放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前10時)に
    初出演した。宮迫との浮気疑惑を改めて否定し、「いい先輩、優しい先輩と思っていました」と語った。

     MCの爆笑問題・太田光(52)らから宮迫と行為はあったのかと問われたが、
    小山は「してないです」の一点張り。

     医師でコメンテーターの西川史子(46)が「してないのにホテルに泊まったの?」と
    問われると、「言っていいですか」と前置きし、「ホテルで飲んだりすることもあった。
    私が先に到着して、(みんなが)後から来ると思っていたけど、結果(宮迫以外)来なかった」
    「ちゃんと(服を)着てます。一線は越えていません」と続けた。

     更にコメンテーターのデーブ・スペクターから
    「なんで何もなかったのですか? そういう気にならなかったんですか?」とツッコまれたが、
    「結婚されていますし、何度か飲み仲間としてお会いした。いい先輩、優しい先輩とは
    思っていましたけど、そういう感じで見られているとも思っていなかった。
    そういうアピールもなかった」と返した。

     間髪入れず西川から「だったらホワイトと言えばいい。なんで(宮迫は)
    オフホワイトと言ったの?」と問われた小山は「2人だけになった時間が実際あったので、
    それは真っ白ではないよねということです」と釈明していた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000059-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【苦言】宮迫と不倫疑惑の小山ひかる「一線は越えていません」】の続きを読む



    (出典 scontent.cdninstagram.com)



    1 Egg ★ :2017/10/09(月) 20:02:14.50 ID:CAP_USER9.net

    芸能界で“最もケンカが強い男”との呼び声が高い男といえば、古くは愚連隊の用心棒を務めていたといわれるタレントのジェリー藤尾(77)や、今年3月に亡くなった俳優の渡瀬恒彦、“凡ちゃん”ことタレントの大木凡人(72)。

    中年世代だと暴走族だった俳優の宇梶剛士(55)が有名で、数々の武勇伝が語り継がれている。しかし、そんな旧世代に負けないぐらい、新世代の芸能人にも腕っぷしが強い者は多いようだ。

     若い頃は「人をぶん殴ってばかりいた」と、自ら語っていたのは俳優の原田龍二(46)で、「ケンカは丸腰でしかやらない」「暴走族相手にも素手で応戦」「手に相手の歯が刺さっていた」など、数々の武勇伝が噂されている。

     実際に9月10日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)に出演したとき、「ケンカが強いってわけじゃないですけど、ケンカが好きな時期があって」と若い頃を振り返り、「弱い者イジメしている不良とかもいるじゃないですか。見ていられないんですよね。今でも出くわしたら絶対戦う」と、自身の喧嘩論を説明した。また、原田は剣道と空手の心得があるのだが、ケンカの極意は「根性ですね、ケンカってね」と、武道よりも根性だと明かしていた。

     裏番長と呼ばれていた過去があるのは、ANZEN漫才のみやぞん(32)だ。5月29日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したとき、小学校5年から中学校3年までキックボクシングを習っていて、足立区のゲームセンターのパンチングマシーンのランキングにずっと1位で名前がのっていたと告白。中学時代は「ケンカをしたことがないのに裏番長と呼ばれていた」と明かしていた。

     また、他校の不良がケンカを売りにきたとき、みやぞんは給食当番のかっぽう着姿のまま校門に行き、「どうしたの?」「僕のこと知ってるの? 言って言って、俺なんかしたなら謝るから。いつ会った? 僕、親戚?」と話しかけたところ、不良たちは「コイツやばい」と、逃げていったというエピソードも披露した。

    ■塚本高史は一匹狼!

     10年来のつきあいであるバンド仲間に「ケンカが破壊的に強く格闘家並み」と明かされたのは、俳優の塚本高史(34)だ。これは、4月7日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、塚本が出演したときのエピソードで、「6歳年上のバンドメンバーを過去に2回、泣くまでボコボコにしたことがある」と暴露されていた。

     塚本は少林寺拳法の心得があり、ダウンタウンの松本人志(54)に「格闘技を習っていない男相手なら、何人ぐらい?」と問われると、「まとめてですか? 3人ぐらいだったら怖くないですね」と余裕の表情で回答。これには松本も「俺、共演NGにしよ。超怖ぇよ」とビビっていた。また、ツルむのが嫌いな一匹狼タイプで、「一派みたいのあったりするじゃないですか。へぇ~と思います」と、同世代の役者同士の集まりには興味がないことを明かしていた。

    「過去の武勇伝を語る芸能人は多いんですが、それはあくまでも若い頃の話。暴力問題が発覚してしまうと、今は世間から大きな制裁を受けてしまいますから、拳は封印されているのでしょう」(芸能関係者)――暴力はダメ!

    2017年10月09日 18時00分 公開
    https://taishu.jp/detail/29752/

    写真

    (出典 img.taishu.jp)


    【<みやぞんは裏番長だった!> 芸能界「ケンカ最強伝説」の真実とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ